何の家事に時間が掛かる?効率化するためのポイント

家事の効率化!時間が掛からないポイント

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

家事の時短は創意工夫次第で

料理ほど曖昧に、時間のかかるものはないかも。 調理する時間の長い料理から始めます。 火にかけ、煮込み料理等の時間のかかるものから。 まず一つの時間のかかるメニューのお鍋をかけてしまってから、その時間中に時間差で他の料理や下ごしらえをして、時短をはかる方が効率的です。 続きを読む

時間差の作業

家事として、食器やまな板や鍋などの洗い方は食中毒などの安全衛生上の理由でいい加減に洗ったり、手抜きはできません。
家事の時短のためには、途中の作業の効率化で。
お金をかけて時間をどうにかすることは可能な時代です。
主婦的な感覚では、あまり経費をかけたくありません。
両方のバランスをとると、洗い物を減らす工夫も大切です。
洗い物を減らすために使い捨て容器やビニール袋を上手く利用しましょう。
料理の下ごしらえは、メインの肉を盛ってあったトレーを使ったり、ビニール袋に材料をすべて投入して混ぜ合わせるなど。
調理に使った器具や鍋は、調理が終わったらすぐその手で洗います。
菜箸やレードルだけを使って、キッチン用品のよく使う一軍の調理器具を厳選します。
キッチン用品の管理が楽になって、少しはキッチン用品の引き出しが片付きます。
油のついた物は、紙などで拭いてから手で洗ったり、食洗機に入れて洗います。
油のついた物は分けておくか、最後に洗いましょう。
ランドリースペースの洗濯物も、洗濯して干してたたみ片付けるという作業の流れの中、干してキレイに乾かす作業が時間がかかります。
洗濯物の干し方を工夫して、中の方に短い丈の洗濯物を干し、端に向かう程に長い丈の洗濯物を干すことも合理的です。
室内で干して早く乾かすために、洗濯物を均等に間隔を開けて干して風を通り易くしたり、時には扇風機を回しても。
乾きにくいズボン類も裏返したり筒のように干す工夫の器具を使ったり。
ワイシャツも襟をたてると、布の重なった部分が早く乾きます。
アイロンをかける場合は、完全に乾いていない時にアイロンする方が、仕上がりがキレイです。

光を背にして

印象的な良い居住空間を目指すのであれば、光が差し込む窓を利用するのが効果的です。 窓の方角や大きさ、日照時間を考えて演出するとステキです。 そして時間を区切って掃除すれば、気合が入るかもしれません。 小物の配置にも気を遣ってカフェカーテンなどで柔らかい光や心地いい風を意識すれば、仕上げができます。

続きを読む

作業台で効率化

洗濯物をたたんだあとの効率化も必要です。 毎日洗濯した衣類を、各家族の部屋に運ぶのも一苦労です。 収納場所を一箇所にしたり、下着類だけバススペースやランドリースペースの近くにまとめたら、作業効率がアップします。 洗濯物をたたむ作業台も、DIYなどで板程度を置いて補足するのもグッド。

続きを読む