何の家事に時間が掛かる?効率化するためのポイント

家事の時短は創意工夫次第で

順番で時短

夕食を作ることが大仕事で、悩みでも楽しみでもあります。
毎日の口癖の「今日の夕飯を何にしよう?」が定番の人もいます。
料理は、手を掛ける調理方法もあれば、手を抜いた料理方法もあり、様々です。
料理は食べられればいいってものでもないと叱られそうですし、家族への愛情表現方法でもあり腕の見せ所ともなればサービス満点。
料理レシピどおりの材料にこだわらなければ、材料の量や種類も様々に作ることは可能です。
そこは倹約も指令どおりです。
時短には料理の段取りが大切です。
キッチンでの作業動線も使い易いように配置することで、材料の焼き過ぎや煮過ぎもなく的確に調理でき、時間を無駄にしません。
まな板で切る野菜の順番や、鍋でゆでる順番、調味料投入の順番が、時短に比例した美味しさのポイントかもしれません。

後片付けと出し入れ

調理中も、その手で使った器具を洗うなどの作業をするのが簡単で時短になります。
後片づけをポイントを押さえながら横着にしようと考えるほど効率化できるかもしれません。
キッチンの水廻りの作業動線も、野菜くずは三角コーナーなどへ一時置きして洗い物の終わった後に処分する、使い終わった鍋やフライパン等はその手で洗い終えることを心掛けると素早く作業できます。
冷蔵庫の中の管理は、いつも同じ場所に食材を配置し、賞味期限の管理も徹底することです。
朝食に使うシリーズは手前に、よく使うソース類の調味料等は冷蔵庫扉の裏側に収納しておくと探し易いです。
調味料は液だれしないよう拭いて始末します。
コンロの使い方で、位置を決めておくのも効率的です。
左右で火力も違うので、手早いフライパン調理の炒め物で使う調理台から手前の位置のコンロと、長時間煮込む鍋の煮物で使う遠い位置のコンロと決めると、調理効率が良くなります。


この記事をシェアする