何の家事に時間が掛かる?効率化するためのポイント

光を背にして

買い物の動線

食材の買い出しも、一週間のメニューを大体考えてメイン料理を決めておくと、他のメニューは定番の副菜にしたり。
特売の新鮮な商品によって、突如メニュー変更やメイン食材の変更をしても、副菜は同じかバランスの良いメニューに変えたりできます。
大まかに決まっていると、曜日のメニューをトレードしてもOKです。
曜日によって、外出やお迎えや家族の夕食不要の日など、予定や人数によってもメニューが変わります。
買い物に行くと、スーパーなどの食材の各コーナーを入口から順に回ることが一般的で、大体は野菜を先に見て魚や肉のコーナーに。
その後、豆腐や練り物製品などのコーナーや、乳製品、惣菜・パンなどのコーナーを回って、レジで精算でしょうか。
急いでいてメイン食材を先に見てメニューを決めてから購入するのも、ゆっくり見て回って冷蔵品は最後に購入するのも合理的です。

食材の管理

買い物に行く前に、自宅で冷蔵庫を一通り確認して食材リストを考えておくか、簡単にメモしてから出掛けると買い忘れもありません。
買い置きの調味料などと重ならず、無駄も無くなる節約術です。
献立のヒントは、旬の食材を生かしたレシピを参考にすると、新鮮でおいしさもアップして料理の価値が上がります。
四季折々の食材はスーパーにあふれていて、値段も手頃で限定感もあって、大いに利用する方がいいです。
気に入ったメニューの食材の分量などは、メモを残しておくと得意料理にでき、アレンジ次第で簡単なパーティーメニューに変身するかもしれません。
食材の賞味期限を頭に入れて、ストックも含めて食材管理するのも頭の体操です。
野菜も保存の仕方次第で長持ちするので、よく使う定番野菜は大量買いしておいても。


この記事をシェアする