何の家事に時間が掛かる?効率化するためのポイント

作業台で効率化

洗濯物の仕分け

洗濯をする時から逆算して、洗濯物を分別しておくと時短になります。
泥汚れなどの汚れの度合で分けたり、繊細な繊維の下着類を洗濯ネットに入れておいたりで、洗濯機を回す際の手間が省けます。
おしゃれ着などは洗剤も違うので、専用ボックスなどを作っておくと便利です。
服を脱いだ時に仕分けるスタイルです。
洗濯物入れボックスなどは、大容量サイズの方が便利です。
洗濯機と干す場所への移動の、作業動線はどうでしょうか。
一度に済ませると、楽です。
洗濯物入れボックスの配置や、洗剤類の配置なども考えましょう。
使い易い高さの位置で作業をすることが身体に楽な姿勢につながるので、作業台や椅子などを利用するなどして、家事を済ませる体力を温存しましょう。
素早く洗濯物を分けて入れて洗濯機を回したり、素早く干せる動線と体勢づくりが鍵です。

収納スペースの時短

洗濯物は、家族が服を脱いだ段階ですぐ分けてもらっているだけで、家事が軽減します。
バススペースに隣接して、着替えの下着などを収納するスペースがあれば合理的です。
家族全員分をまとめて個別に収納しておくのも便利です。
毎日洗濯物を運ぶルーティンワークが軽減します。
ウォークインクローゼットでは、収納スペースが決まっていたり衣類をたたまずにハンガーなどにかけておいたりで作業軽減されます。
子ども服などは小さいので、衣類をハンガーに掛けて並べて収納スペースに置くだけで、選ぶのも楽です。
収納スペース内で終始させる決まりを、衣替えしてまとめて衣装ケースに収納する等にしておけば、探すこともなく動線も短く入れ替えでき、時短で季節毎の作業がはかどります。
整理されて片付いている収納スペースを維持することが、最速の時短です。


この記事をシェアする